20170211

暗い部屋



光の入らない閉ざされた部屋で、少年は母の死体のそばに座り込む。腐り始め、においを放つ死体を眺めながら、少年は慌てることもなく静かに自分の死を意識する。  やがて空腹と疲労にに耐えかね、寝そべったそのとき、部屋のドアは開かれ、少年の新しい生活が始まる。 諸事情により出版停止となった唐辺葉介の小説をデジタルソフト化。

0 件のコメント:

コメントを投稿